カスタマージャーニーに寄り添う媒体選択/コンタクトポイント編成

Contact Front

 カスタマージャーニーに寄り添い、ブランドに有利な行動や態度を効率的に変容させるストーリーテリングを行う為の、コンタクトポイントの選択とコンタクトポイント間/媒体間の導線、およびコンテンツ提供シーンをレコメンドします。各媒体の費用対効果(CPA、ROI)の算出をはじめ、カスタマージャーニーにおける顧客接点での体験および媒体接触による「変化の因果構造」を分析し、マスやデジタル、店頭など各メディアが果たすべき役割と課題を明らかにします。使用媒体が決まっている場合は、媒体間導線を設計し、各顧客接点でどのような情報をストーリーテリングするか、効果的な組み合わせを提案します。

11章

​ 特長1 

​コミュニケーション施策編成を作成

オンライン/オフライン全ての顧客接点について、購買行動の喚起確率の高さ、ブランドへの態度の変容確率の高さ、費用対効果、媒体の組み合わせ効果、導線の相乗効果を分析して、カスタマージャーニーを促進するにあたり最適なメディアプランを提案します。時系列化された媒体出稿計画をレコメンドします。

​ 特長2 

獲得認知の分解と診断

ターゲット層で十分な認知がとれているか、各媒体での認知獲得の費用対効果はどうかという認知フェーズの評価を行います。また「認知率の分解」ではターゲットの認知率を分解し「各媒体により獲得できた認知率」を推定する事ができます。

​ 特長3 

費用対効果の高さから媒体選定を行う

ジャーニーフェーズ毎の各媒体の費用対効果(CPA、ROI)を算出。媒体の利用目的毎に、最も顧客獲得単価の安い媒体をレコメンドします。

​ 特長4 

媒体間導線のレコメンド

新規顧客獲得等の、マーケティングゴールへの貢献が高い媒体の組み合わせをレコメンド。どの媒体からどの媒体への導線を張るべきかをデータドリブンで提案します。

​ 特長5 

媒体が果たすべき役割を基にしたメディアプランニング

マスやデジタル、店頭など各メディアが果たすべき役割と課題を明らかにし、最も効率的にカスタマージャーニーに寄り添い、カスタマージャーニーを動かせるメディアプランを設計。

​ 特長6 

KPI向上に強みを持つ媒体のレコメンド

それぞれのジャーニーフェーズにおいて発生している問題・課題のタイプ(原因・質)に対応した、効果の高いメディアをレコメンド。また、新規顧客獲得やブランドからの離反防止等、目的別で費用対効果の高いメディアのレコメンドも可能。

​ 特長7 

コンテンツとメディアの組み合わせ最適化(オプション)

ブランドコミュニケーションポートフォリオ(市場調査クリニック)を併せて用いることで、コンテンツとメディアの組み合わせをデータドリブンで最適化。

​ 特長8 

消費者行動図鑑のレポートを使用する(オプション)

【消費者行動図鑑】のカスタムレポートは、特定のテーマに特化して構成されたカスタマージャーニーマップです。テーマ毎に深い洞察を引き出し、より効果的な媒体編成を支援します。