顧客を動かす価値提案とブランド体験設計

Journey Experience Optima

 理想的なカスタマージャーニーを実現する為に「どのようなブランド体験により、どのような変化を生み出すか」という、ブランドが果たすべき役割を描いた設計図を作成します。現状の認識や行動(ASIS)を、ブランドにとって理想的な認識や行動(TOBE)に変化させる為に効果の高いプロポジション(価値提案)をデータドリブンで生成し、ジャーニーフェーズごとにレコメンドします。また「価値提案の価値」を推定し、プロポジションが「ヒット」を打てる確度を事前に評価します。また、それら価値提案に基づいたブランド体験によるKGI、およびKPIの変化を予測。設計したブランド体験デザインを採用したプロモーションやキャンペーンによる短期的な売上、動員人数の予測から、ブランドへの態度形成、ロイヤルティの向上、エンゲージメントの深化度など、中長期的なブランド価値向上への貢献まで予測可能です。

8章

​ 特長1 

変化力の強いブランド体験を設計

現状のカテゴリーパーセプションと、それをブランドにとって有利に変化させたブランドパーセプション、およびその変化をもたらすパワーの強い価値提案をセットで提案。各パーセプションが生まれた背景のカスタマージャーニーやインサイトも併せて確認する事ができます。

​ 特長2 

ブランドと顧客の関係性構築力を予測

ブランドパーセプションには、ブランドと顧客の関係性構築力の高さを算出。数値が高いブランドパーセプションほど、生活者に「自分にとって関連が深いブランド、自分の生活に近いブランド、自分事であるブランド」として認識され、自分の生活の中で実現したい体験や欲求を実現してくれる、疑問や不安を解決してくれる、と期待されやすくなります。

​ 特長3 

ブランドが果たすべき役割を体現する価値提案を作成

パーセプションチェンジを設計。現状のカスタマージャーニーと、ブランドゴールから導かれた「ブランドが果たすべき役割」を効果的に達成する価値提案の候補をデータドリブンで生成し、フェーズごとに複数提案をレコメンド。

​ 特長5 

設計したブランド体験案のKGI・KPI変化を予測

​ 特長4 

「価値提案の価値」を算出

「価値提案の価値」を算出。ブランドのバリュープロポジションが「ヒット」を打てる確度を事前予測。ある価値提案がどの程度のターゲットのスタマージャーニーを動かせるかという「規模」と、価値提案による購買行動の変化力を予測。データドリブンで生活者の態度や行動を変化させる「根拠のあるインサイトとプロポジション」の組み合わせを見つけ、ストーリーテリングを支援し、カスタマージャーニーを進める確度を高めます。

ブランド体験デザインによるKGI、およびKPIの変化を予測。設計したブランド体験デザインを採用したプロモーションやキャンペーンによる短期的な売上、動員人数の予測から、ブランドへの態度形成、ロイヤルティの向上、エンゲージメントの深化度など、中長期的なブランド価値向上への貢献まで予測可能。ツリー構造で表示し、KGIとKPIの関係を可視化します。KPIはKGIへの貢献度を定量的に評価して表示します。