ストーリーテリングデザイン

Story Vectors & Chains

 ブランドのどの側面を、どの様な切り口/視点でストーリーテリングすると「生活上の価値」としてターゲットに認識してもらえるか特定し、ターゲットに対して情報を最適化します。特定の顧客接点で語るべき課題解決型ストーリーを、情報コンテンツとして利用できるテンプレートで作成・提供します。また、ストーリーの組み合わせと順番を顧客の態度や行動変化が発生しやすいように最適化します。情報コンテンツに効率よく連続接触させることで、単一のストーリーが持つ影響力に、他の関連したストーリーが持つ影響力を上乗せし、パーセプションチェンジやKPI向上効果が高まる様に、情報コンテンツ間の導線を設計します。

10章

​ 特長1 

ストーリー構成をデータドリブンで最適化

ストーリー構成をデータドリブンで最適化

ブランドが狙ったカスタマージャーニーの変化や特定の購買行動の増加、KPIの上昇などを最も起こしやすいように、ストーリーの構成をデータドリブンで最適化。作成したストーリーは、そのまま使えるきれいな企画書、もしくはブリーフで出力できます。

​ 特長2 

​情報を価値に変えるストーリーの軸をレコメンド

​情報を価値に変えるストーリーの軸をレコメンド

情報が価値に代わる過程、情報が価値になる理由を可視化し、プロポジションに最適な情報の切り口をレコメンドします。

​ 特長3 

ストーリーの軸によるカスタマージャーニーの変化予測

ストーリーの軸によるカスタマージャーニーの変化予測

プロポジション×ストーリーの軸の組み合わせについて、動かすことができるカスタマージャーニーの規模、購買行動やブランドパーセプションの変化力、KPIの増加量などを予測、最適な組み合わせレコメンド。

​ 特長4 

ストーリー及びコンテンツの導線を最適化

ストーリー及びコンテンツの導線を最適化

ターゲットに接触させる情報コンテンツの組み合わせと順番をカスタマージャーニー促進の観点から最適化します。

情報コンテンツの組み合わせによる、ブランドパーセプションやKPIの変化量(上乗せ効果)を予測、ビジュアル化します。

​ 特長5 

総合的なKPIの変化量を可視化

​ 特長6 

コミュニケーション施策の企画書を出力

総合的なKPIの変化量を可視化
コミュニケーション施策の企画書を出力

データドリブンで作成されたストーリーに基づいて、顧客接点における具体的な施策指針、施策内容を提案。コミュニケーションストーリーとして、企画書フォーマットで出力します。

​ 特長7 

課題解決型コンテンツとして納品(オプション)

課題解決型コンテンツとして納品(オプション)

課題解決型ストーリーは実際の情報コンテンツとしてまとめて、オウンドメディア等で利用できる状態にして納品。根拠となるデータも記載しクリエイティブ開発にも役立てられます。